ジェイゾロフトの効果や効能・ジェネリック医薬品との比較サイト

ジェイゾロフト

他の抗うつ剤との比較

抗うつ剤のほとんどのお薬には、眠気の出る副作用があると言われています。
このジェイゾロフトの眠気についてですが、基本的にはそんなに強くは出ないと言われていますが、抗うつ剤の効果の効きに関しては個人差が非常に大きいと言われています。
このお薬を使う方によっては眠気が非常に強く出ることもあると言われます。
では、他の抗うつ剤はどうなのか?というところを比較してみましょう。

まず、数ある抗うつ剤の中で、眠気が最も強力だと言われているものは『鎮静系抗うつ剤』と言われる医薬品になります。
医薬品としては、このようなものがあります。
リフレックス/レメロンといったNassa(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)、テトラミドやルジオミールといった四環系抗うつ剤、デジレルなどがあります。
これらの鎮静系抗うつ剤は眠気が最も強いと言われていて、場合によっては睡眠剤として使われることもあるほどです。不眠症などの症状の方にとってはいい効果だとは思いますが、こうでない方は逆に眠気の副作用が強すぎて困ることも多い抗うつ剤になります。
(ジェイゾロフト副作用はこちらから)
三環系抗うつ剤は?
『トフラニール』『トリプタノール』『ノリトレン』『アナフラニール』『アモキサン』などの医薬品になります。
三環系は今や昔の抗うつ剤と言われ、SSRIやSNRIと比較すると薬の作り自体も荒いという特徴もあり、副作用は抗うつ剤の中でも最も多くあると言われています。 眠気の副作用に関しては、ジェゾロフトよりも副作用が強いと言われています。
では、『パキシル』『レクサプロ』『ルボックス/デプロメール』などのような他のSSRIと比較した場合はどうなのでしょうか?
SSRIの中でも、ジェイゾロフトの眠気の頻度はこの4つの中でも一番少ないと言われています。
『サインバルタ』や『トレドミン』といったSNRIとの比較すると、SNRIはセロトニンだけでなくノルアドレナリンにも作用するのが特徴になります。
ノルアドレナリンは意欲や活気を上げる『覚醒系』の物質になるため、眠気はほとんどないと言われています。
トレドミンは、効果の効きが弱い代わりに副作用も少ない、こちらも眠気はほとんどないと言われています。

では、ジェイゾロフトよりも眠気という部分だけを見るとどうなのでしょうか? サインバルタに関しては、効果が強い割に眠気の副作用は少なく、副作用だけで見るとジェイゾロフトと同等と言われています。
最後に、これはあくまでも目安にあり、個人差がありますのでこの通りにならないこともあります。

TOPページに戻る